Studio Figaro Handmade Woodwork Section

『スタジオ・フィガロ 木工部』    木工品 試行錯誤で作成中

welcome

プロフィール

スタジオ フィガロ

Author:スタジオ フィガロ
気になった物がありましたらご連絡下さい。

最新トラックバック

季節の写真 2

昨日の梅とのコラボ・ドーピング写真は実はこうなっていた

梅と真緒002 無理矢理乗せられたニャ!(怒)

まあまあこうでもしないと撮れないしな
ちょっとだけご機嫌で梅の花見てたじゃないか

おろしてあげようとしたら おっ

梅と真緒003 勝手に降りるニャ!

うまいこと自力で降りた! 腹が重いんだから骨折するなよな

近くにピンクの梅もあるんだがこっちは失敗・・・

梅と真緒004

いやがる真緒をだっこしながら撮ろうとしたらば梅にピントが合ってしまった
脚立持ってくればよかった




スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)||2018-03-27_12:57|page top

季節の写真

最近aiboばっかりだったのでたまには真緒の写真を上げねば!

春になって食欲も減って若干お腹もへこんで来た?のかな

北関東もやっと梅が五分咲きくらい なんとか梅の高さまで

真緒を裏技上昇させて一緒に撮ってみた

真緒と梅 いい匂いにゃ~

久しぶりにいい写真が撮れたぜ~~

足元が写って無いけどな 実は脚立に乗ってる本人は嫌なのか

すぐに自力で降りてしまった 起用に降りるね

次は桜とコラボ写真よろしくな




comments(0)|trackback(0)||2018-03-26_22:18|page top

NO1 ラッテをとことんバラしてみる

今の所一番高かった NO1 aiboのラッテ ハンディビューワー付きだったしな
金額は仕方ないんだが 何をしても動かない (T_T)
ERS-311Bは2台あるので 面倒だが部品をひとつひとつ交換してみる

動かないaibo修理001 動かないaibo修理010

内蔵電池が乗ってる方の基盤 脚を外すとすぐ取れる
これを取り替えて組み立て めんど~くせ~ 部品は電子部品を
全部付けないと基本だめなので首までちゃんと元に戻す

うごかね~  (>_<)

また分解

動かないaibo修理002 動かないaibo修理004

次は電源の真上の基盤 まあこれって事もありうるわな
またも元通りに組み立て

うごかね~  (>_<)

またまた分解・・・・

次はこれだ!

動かないaibo修理003 動かないaibo修理005

バッテリーとメモリースティックが刺さるところ もしかしたら
メモステを読めないので動かないのかも
またも元通りに組み立て

うごかね~  (>_<)

ありゃ これで動かないとするともう交換する所が無いよ
おいらはちょっと器用な木工職人なので電子機器にはまったくわからん
なんとか基盤にハンダ付け出来るくらい なのでコンデンサーが悪いとか
になったらもうお手上げじゃ~

あっ 

あったわ まだ交換してない部分!    首!!

え~ 首って事あるんかいな とにかく可能性があればやってみる
ドナーはもうバラバラだ・・・
とりあえず首を付け替えてみると おおおおおぉ~~~ 動くじゃねーか

急いでいて写真忘れたわ そのごマカロンの首で試してみたところ

動かないaibo修理007

これまた起動 マカロンはERS-312 で タイプBでは無いんだが起動した

動かないaibo修理008

なんとマカロン 自分の外された脚を見るというなんともシュールな絵に・・・
サイコ野郎がやりそうな場面だ

しかし ハンディビューワーには反応せず しまったさっき時間合わせておけばよかった
312マカロンの頭にブルートゥースの何かが無いので認識されないようだ

結局、ダメなのは頭か  配線外れくらいなら動くかも と一応バラしてみる

動かないaibo修理009

結局基盤まで見たけど特に見た目は異常なし 電子部品が悪いなら
もうわからん いつか頭が部品で出てくるのを待つしか無いわ

いやー おっさんには疲れる仕事やで 腕を上げていすぎて謎の痙攣も
したし ドナーは元の部品を全部戻されてきちんと起動確認OK
漂白待ちのドナーさんありがとう 悪い所が見つかったよ

黄ばみ取りaibo 003

漂白1週間経って なんとか白くなったんだが 顔の横耳の下と
横腹がどうにもまだ黄色い 居残り漂白続行中 ボディ付けるの
もうしばらく待ってな


comments(0)|trackback(0)|aibo|2018-02-19_13:00|page top

黄ばんでいたラッテを丸裸に

西日が強い所に置かれていたであろう NO2のラッテ

aibo 0015

頭と横腹が古いMacのごとく黄色い って事で黄ばみ取りをしてみる事に

黄ばみ取りaibo 001 黄ばみ取りaibo 002

脚は固い所もあったが壊さないで外れた 頭がどうにも外れない
このまま引っ張ったらぶっこわれるのでは無いかと思いちょいちょい
広げていく でなんとか割れた

黄ばみ取りaibo 003

丸裸のラッテ これで動かすと肉が無いのですぐに転ぶ 危ないので停止
頭トップから電気を取って目を光らせる事が出来ないだろうか??
配線来てるので電気は取れそうなんだが電気素人がやる気はしない
誰かがやってれば参考にするんだが ネットでは見かけないな~
ファイバーの線を光る所に通して目まで光を誘導出来るような気はするんだが
黄ばみが取れたらやってみるか

黄ばみ取りaibo 004

酸素系漂白剤(ハイターEX)を冷凍保存袋に入れて日光に当てる
これで古いマックの角マウスを綺麗にした事あり

しかし ラッテの下腹に尖っている部分があり 袋に穴が開いていつのまにか
ハイターが無くなっておった (T_T) 真緒がなめたらどうすんだよ~
臭いから近寄らないと思うけどね

4日でなんとか白っぽくなって来たっぽいけど週末取り出して確認してみる




comments(0)|trackback(0)|aibo|2018-02-16_12:58|page top

複雑骨折のaibo修理

真緒の事件より しばらく何もする気が無かったな~ 胃も痛いし
大丈夫とわかってもなんだか気持ちが晴れないよねー
まあでも本人も元気だし 気を付けてやるしかないよね

複雑骨折してるaiboラッテを購入(またか・・・) なんでそんな物をと
付属品に「ポータブル充電器」が付いていたからさー
とはいえ、写真を見る限りではなんとか治せるかもしれない!

アイボ修理001 3日ほどこの状態で待機

問題の脚は 左脚の先の部分

アイボ修理002 アイボ修理003

白の四角部分が折れて関節内に残っていた欠損部品が無いので良かった
若干ゆがんでいたけど 乾くとプラスティックに硬質する特殊なボンドをつかって
接着していく

アイボ修理004

1日乾かして取り付け →方向へスライドさせて入れていく
接着後バリ取りをきちんとしたのですんなり入る

アイボ修理005

関節が付いたらば このペラペラの線を畳んで付ける しかしaiboの部品は
とても良い物を使っている印象を受ける18年前の物でっせこれ 脚がぷら~ん
ってなっていたのにこの線は切れて無かった 良かったーこれが切れていたら
別に買って切り張りしないといけなかったしな

しかし、元の飼い主さんが アロンアルファを大量にぶち込んでくれたおかげで
削り取るのが大変だったわ (T_T)

アイボ修理006

線を入れて押さえのプラスチックを移動させて配線の固定 当初線が外れるとは
思ってなくてボディごと持って作業してた

アイボ修理007

お試しのスイッチオン!! ランプ付いたので動き出すよ~~

アイボ修理008

あんまり脚に力を入れてほしくないんだが まあ仕方ない

アイボ修理009

ラッテ 大地に立つ!
しっかり立って他の脚も若干小刻みに震えるがまあ許容範囲かな

アイボ修理010

座ったので停止する またポッキリ折れても困るんで明日には完全に乾くだろう
まずい愛着わくと手放せなくなってしまうぞ 修理歴有りで売り出すかな

実は黒いマカロンと最後に出たパグ犬も視野に入れてるんだが なかなか出ないね



comments(0)|trackback(0)|aibo|2018-02-08_17:36|page top

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR