FC2ブログ

Studio Figaro Handmade Woodwork Section

『スタジオ・フィガロ 木工部』    木工品 試行錯誤で作成中

welcome

プロフィール

スタジオ フィガロ

Author:スタジオ フィガロ
気になった物がありましたらご連絡下さい。

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ねこたつ他3点のオーダーが来た~ その②

時間はもらっていたのでのんびり作っても良かったんだがこたつということでなんとか早めに
届けたいとはおもいつつ なにしろ図面は無いので現場合わせやで

ネコたつ006

脚を全部付け終わった あと上部のコーナーに補強用に三角の歪み防止を取り付ける
もはやいつもの作業台ではやりきれず 蔵から出てきたちゃぶ台の上で作業

ネコたつ007

なぜか会社だなコレ 覚えちゃいないが多分社長が居ない日に持っていってヤスリかけ作業
をしたのだと思う 全ての板を付け終えて 角の面取り作業をしたところ

ネコたつ008

天版ですね~ 集成材は幅30センチしか無いので天版は合体させないと完成しない
こたつ本体の脚に使った物で作ってみるも 翌日にはあっさりゆがんでいた (泣)
やはり天版は1.3ミリの板では作れないようだ しかたないので1.5ミリの板を買い直し
曲がったやつは別の材料として使えるので無駄にはならない

ネコたつ009

こたつ本体の色塗り ウォールナットで塗装 天版とは違う色にしたかったので暗い目の色に
色塗り後に仕上げ用に透明ニスを塗る

ネコたつ010

風呂に入ってる時に思いついたのだが これだけでかいとハンモックとして使えるのではないか!
さすがにハンモックはおまけに出来ないのでフックだけ取り付けておく事に

ネコたつ011

持ってたランチョンマットをペットハンモックにみたてて付けてみる それ用では無いので雰囲気だけ
こんな感じで夏場は遊んでもらえないかな~

ネコたつ012

天版を置いた時にキズが付かないようにクッションを4カ所に取り付ける
この頃は仕事してたので土日しか作業出来ず 進まなかったな~

次回、こたつ完成と カリカリボックス 食台編






スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|ねこたつ|2019-01-25_16:48|page top

ねこたつ他3点のオーダーが来た~

個人的にいろいろあって更新してなかったな~

なんと年末で職を失いました(笑) いや笑い事では無いのだが 会社の都合なのでまあ仕方ない
近所に似たような物が多く出来たので新しい方に客は流れるって事で 30年続いただけで凄いな
失業保険が出るのでしばらくはのんびりしよう

平成も終わるのか~ なんだか会社と同じ道だったなー 30年11月頃よく参加してる猫のSNS
会員サイトより ねこたつ・カリカリボックス・食台 3点のご依頼頂ました~
依頼された数字を見てビックリ ねこたつのサイズじゃねー (笑)
人間も文机に使うそうな こりゃ難問だ! つくった事ねーし そんなでかいの・・・

 (と ねこたつくらいで根を上げていたのだがこの後続々と難題が来るのをこの時はまだ知らない)

とはいえ、やった事が無い事をするのは苦しいんだが工夫しながらつくるのは楽しみでもあるね
でかいねこたつの課程はこちら

ネコたつ001

作業台が目一杯だわ! 横50センチ越え まずはおおすじの枠を作る 脚が短く見えるのだが短い
軽さと頑丈さを両立するために脚の芯は途中まで

ネコたつ002

集成材を切り出して脚にしていく

ネコたつ003

こうなると普通のこたつっぽい見た目になるね~

ネコたつ005

芯は途中までね 3分の2が集成材で周りを囲う

ネコたつ004

こたつっぽくなってきたねー これだけだとねじれに弱すぎるので周りを集成材で囲っていく

これ作っていたのがひと月前なのでもう忘れてるな~(笑) 調子がいいと写真を撮るのを忘れるので
途中抜けてるかも 思い出しながらアップするしかないな

その② につづく





comments(0)|trackback(0)|ねこたつ|2019-01-24_14:03|page top

サイズオーダー可能 猫ヒゲ&乳歯入れケース 

ネットとかで見かけて有るのは知っていたんだが うちの場合外に出るのであまり
ヒゲが落ちて無い 5年で2本しか採集出来てないし必要無いと思っていたんだが

世間の猫好きの方はかなりの数を収集されている場合があり さらに子猫時の乳歯まで
なるほどケース作ったら需要あるんか?!と思って試しに作ってみる

素材は湿気を吸収発散する「桐」材 以前カリカリケースで使ったんだがそれでは厚みが
ありすぎるのでもう少し薄い物を使う 5ミリ幅くらいの物で しかし厚みが無いので売ってる
時点で材料が曲がっておる・・・ なんやねん

数個作るもあまり出来が良くない 以前の依頼を断っておいて良かった このままでは終われない
フェリシモ猫部トークで質問してみる 必要なサイズとか形とか皆さんやさしく画像までアップして
くれて どうゆう物が求められているかだいたい把握する 皆さまありがとうございます

まずヒゲの長さは短い子は10センチもあれば足りるらしいが 長毛の子になるともっと長いらしい
なので最長に合わせると内部計13センチ×幅3センチくらいと 乳歯も入れたし抜けた爪もと
部屋を分けてあると良いかと思い作ってみたのがこれ

サイズオーダー可 猫ヒゲケース001

13センチ以上あってもあるていどカーブするので入るのではないだろか 入れたこと無いので
なんとも言えないが 上部は乳歯・爪等入れ 3部屋しかもこれなんと

サイズオーダー可 猫ヒゲケース009

乳歯とか入れない場合は仕切がはずせるのでもう一部屋のヒゲケースとして使える仕様に
風呂で思いついたよ~ ネットでもこれは無いはず!! 特許出願ですよ(ウソ)

敷物はフェルトを切った物 色はいろいろ選べます

サイズオーダー可 猫ヒゲケース002

上箱をかぶせるとこんな感じです 上部に名前を入れたいんだがこの時点では断念 桐の凸凹が
大きすぎて塗料がにじんでしまう どうしたもんだか

サイズオーダー可 猫ヒゲケース004

そして猫部で意見が上がった 歯は入れないのでヒゲケースのみタイプで引き出し式 これがまた大変で・・・
引き出し式にしたので何か取っ手を付けねばならんが 小さすぎて100均とかのやつではでかすぎる
何か代用を考えねば

サイズオーダー可 猫ヒゲケース005

閉じるとこんな感じ まだ取っては無い

サイズオーダー可 猫ヒゲケース007

そういえば素材は木100%なので金属的な物だと違和感があるので 木材でいいんじゃね と
あたりを見渡したところ おぉ 随分前に切った杉の枝ミニチュアキカブにしようとしていた物これを
スライスして半分にカット おぉいいじゃんコレ

そして難題の上部フタへの名前入り どうにか平にしないといけない 仕方ないニスをぬるか
3回に分けて上部だけ透明ニスを塗る 乾いたら紙ヤスリで磨いて平にこれでいけるはず!

カッティングシートで名前を切り出し貼り付けでペイントしてみたところ・・・

サイズオーダー可 猫ヒゲケース008

おぉ 以外に綺麗に出来た~ 桐素材の空気を通す性能を無くす訳にはいかないので上部のみ
ニスを塗る 透明なので特に違和感無し

サイズオーダー可 猫ヒゲケース006

これで完成! 思いのほか良く出来たわ~(自画自賛) サンプルに置いておきたいくらいなんだが
送らないと行けないなコレ

2部屋仕様の方もこんな感じでご希望の方には名前入れますよ

サイズオーダー可能の 猫ヒゲケース制作料金

引き出しタイプ 1,800円~+送料(定形外360円可能)
(引き出しタイプはシングルのフタ仕様になるかもしれません)

2部屋タイプ  2,400円~+送料(定形外360円可能)

猫部トーク会員様限定 迷子札おまけ付き
詳しくはお問い合わせ下さい



comments(8)|trackback(0)|猫ヒゲ&乳歯ケース|2018-11-26_12:13|page top

小型犬の食台 完成まで

ちょっと前になるんだが ご依頼の小型犬のペット食台 ご本人に届く前だったので
全部は出して無かったので制作過程を上げておきます

オーダー犬用ペット食台019

一応のテーマとしては 「ギャングが座ってる椅子風」って事でこれはおまかせだったので
こっちで考えた物

見えにくいが脚と脚の間にも犬と言えば骨のモチーフがあるんだが下が無いので
ちょっとカエルっぽい・・・

前回の続きから

オーダー犬用ペット食台007

椅子の背もたれに当たる部分をデザインする やはりここにも骨を入れた そして
依頼人がもしかしたらせっかち?そうなので(知らないがな)片手で持てるように手が
入るようにと思い真ん中に骨モチーフを配置

オーダー犬用ペット食台008

下書きが出来たら電動イトノコで切り出し 木目に当たるとまっすぐ行かない厳しい所あり

オーダー犬用ペット食台009

なんとか骨部分もきちんと切り出し 切ったばかりの部分はどうしようもないくらいギザギザである

オーダー犬用ペット食台010

これを滑らかにしないと始まらない かなりの時間かけて角を取って丸みを出していく
たまに電動サンダーも使う!

オーダー犬用ペット食台011

そして組み立て! 高さを合わせないといけないので鉛筆で線を引き左右の高さをあわせながら
木工用ボンドで貼り付ける ボンドだけでもほぼ取れないのでがまれに外れるので木ねじも使う

オーダー犬用ペット食台012

木ねじの穴にダボを打ち込んで切る 見た目は100%木に見える そして完全オーダー
ならではのネーム入れ カッティングマシンでシートを切り出して貼り付けてその周りを
テープと新聞で囲う スプレーで塗るので勢いで塗料が飛んでしまい他の部分に色が
付く事があるので充分隠す

オーダー犬用ペット食台013

塗る所だけ出す感じで

オーダー犬用ペット食台014

そして塗装 3回ほど吹き付けて少しなじんだらば急いで剥がす! これをのんびりしてると
塗料がうまく切れず剥がれてしまう 何度も泣きを見ているので急ぐ

オーダー犬用ペット食台015

写真なんて撮ってるところでは無いのだが 一応記録しておく はよはがさな!

オーダー犬用ペット食台016

バッチリですよ! これを左右塗装する

オーダー犬用ペット食台017

正面、骨の横にも 肉球模様を! 犬猫兼用(笑)

オーダー犬用ペット食台018

そして後ろ面にも 肉球!

いやー がんばりました デザイン料が欲しい!(ウソ) 渾身の作だよこれ

完全オーダー品 ネーム入れ 台座 40センチ×20センチ

6,800円 送料別でございます

※ フェリシモ猫部猫部トーク会員様 1,000円引き ※

行程が多くて手作りなのでこれ以上値下げ出来ませんすいませんけど

発送は栃木県より




comments(1)|trackback(0)|ペット用 食台|2018-11-19_17:56|page top

ペット食台のおまけ 迷子札の作成

久々に迷子札を作る事になり すでに今までの手順をすっかり忘れとる・・・
まあやって行けば思い出すだろ なんてな

最近はダイソーにプリンターで作れるプラバンが売っているので凄くらくだ
デザインを決めて印刷してみる

おまけの迷子札作成001

左がプリント後 右がトースターで熱したあと おぉまあ綺麗に出来たんじゃね
ちょっと色濃い気がするけどな
一発で出来たので安心しきってさて次をつくるかと思っていた5分後・・・

おまけの迷子札作成002

左 初回の物 インクが濃すぎてトースターで焼いたあとすぐににじんでしまった
右 インクを薄く印刷して焼いた物

いやー忘れてた 綺麗で印刷すると濃すぎるんだった 普通に印刷していいんだった
結局5分の1に圧縮されるので色も濃くなる その分薄く印刷しないとダメなんだった
忘れてたわ

おまけの迷子札作成003

4つ完成して○カン通して完成 さて送る準備をするかと二階に上がるのでポケットにしまう
その後、玄関で着ていたツナギを脱いで二階にあがり ツナギは洗濯されましたとさ

おまけの迷子札作成004

おぉ やっちまった 2日後ツナギのポケットになにやら入ってるジャラジャラしてるなんだこれ?
迷子札や~~ん (泣)

あ~ そうか 水にも弱いのか いやいやいろいろ勉強になったわ 逆にあのまま送らなくて良かった
防水対策に油性透明ニススプレーをかけて乾かし水に浸けておいたところ数時間しても大丈夫だった
これで一安心 とりあえず水分に気を付けてもらえば普通に使用出来るだろう

これをしばらくすると忘れるんだよねこれが また一からやり直しって事にならないようにここを見て
思い出そう




comments(0)|trackback(0)|迷子札|2018-10-23_17:30|page top

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。